スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
後回しにできない最も重要なこと 2
JUGEMテーマ:相続

こんばんは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

 

本日は前回の続きをお伝えさせて頂きます。

重要性をお分かり頂けますので、是非お読み下さい。

 

 

・・・共有名義にすると膨大な書類・署名が必要になり簡単に名義を変更することはできなくなりますし、場合によっては譲渡税・贈与税・登録免許税・不動産取得税等の負担も覆い被さってきます。
また、共有名義の不動産の売却をしたり建て替えをする時は全員の合意が必要です。

 


共有者の1人が現金に換えたいと言い出しても、その本人の持ち分だけを買い取る人などいません。
他の共有者の負担になってしまうことになります。 

 

 


先送りに関して最も酷なのが、共有者が亡くなったときです。
権利は亡くなった共有者の配偶者や子供に移ります。

その共有者に配偶者と子供3人がいるとした場合には、戸籍や住民票や印鑑証明(一般的な場合で、昭和17年生まれの方が平成20年に亡くなりその全ての戸籍を収集すると、改制原戸籍・除籍謄本5通×750円=3750円・全部事項証明書1通×1=450円・住民票×1通=300円・印鑑登録申請〜印鑑証明発行=600円の合計5100円+郵送費用)などの必要書類が大まかに5人分(25,500円+郵送費用必要になってしまう(再婚・離婚・転籍等が多ければ、上記例の倍以上の取得金額・時間が掛かってしまうことにもなりえます)ことになります。

もしその子供の内2人が亡くなっていましたら、さらにその子供2人の子供×人数(甥や姪、場合によってはいとこなど)と遺産分割協議を行わないといけなくなってしまいます。 
普段から会わない上に、会ってすぐに遺産分割協議を切り出すことは相当な労力を使ってしまいます。 

 

事例を申し上げますと、戸籍等の必要書類収集(相続人・代襲相続人が多く、氏を改める裁判等も有)で2年3ヶ月の月日19万という金額が掛かったケースもあります。その2年の間に相続人が亡くなるとさらに増えます

 

このような先送りにしてしまってる方は、現実には本当に多く見受けれます。

 

なお、遺産分割における問題と相続税(課税対象者は全体の4%)の問題は別と考えておいて下さい。

 

 

後々、苦労して苦い思いをしないためには、『今』、遺産分割協議をしなくてはいけません。

 

 

遺産分割協議を行うに当たって、相続人の確定から始まり(被相続人に認知した子、隠し子がいたとすると全てが無効になってしまうので生まれてから亡くなるまでの戸籍を全て集めます)、相続財産の調査、相続関係説明図や相続財産目録を作成します。 

 

そして相続人全員が集まり遺産分割協議を始めます。

 

その中で相続人が未成年者であったり、失踪している相続人がいたり、胎児が相続人であったりすると、遺産分割協議ができません。そこでなされた遺産分割協議は無効になってしまいます。 

 

たくさんの決まり事をしっかりとこなして、全てを忠実に行っていかなければなりません。

 

複雑ですが、後回しにしていても気休めにしかならない。

それが『遺産分割協議』です。

 

 

普段見ることのない漢字が多く、少し難しく感じられるかと思います。

 

しかし、とても大事なことですので是非覚えておいて下さい。

知っていると知らないでは、後の対応に大変大きな違いが出てきます。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:遺産相続の知識, 18:42
comments(0), trackbacks(0), - -
後回しにできない最も重要なこと
JUGEMテーマ:相続


こんにちは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

今回は、定期的に配信させていただいている内容です。

とても大事なことですので、是非お読み下さい。

 

 

『遺産分割協議・・・。』

 

気が進まないことは分かっております。

 

しかし、後々に酷い思いをするか、ここで一旦終わらすか。

 

一番分かりやすいので、ソリッドチェイン法務事務所HPhttp://solid-chain.com/)から抜粋させて頂きます。

 

 

約100万人・17万件・4%・5000万円超・5000万円以下・35%〜45%

 

上記の意味深な数字は何でしょうか。 
まず、約100万人1年間に亡くなる人の数です。
そこで相続が起きて家庭裁判所に相談される相続問題に関する件数が、2010年では17万件(全体の17%)です。 
家庭裁判所に持ち込むということは、よほど重大なこと・あまりに話がまとまらなさ過ぎるからです。


そう考えてみますと、問題は起きているが裁判所に持ち込まないが問題は起きてしまっている、そのケースも合わせれば全体の35%〜45%だと私は考えております。

 


なぜ相続問題になると、ここまで問題が出てきてしまうのでしょうか? 


理由は様々でたくさんあります。

 

 

その中で主なのが、遺産は自宅不動産だけのケースです。 
自宅だけでも数百万〜数千万の値段になります。日常でそのような大きなお金が動くことはまず、ありません。だからこそ少しでも自分のものにしたいと考えてしまいます。 

 

自宅を兄弟姉妹で平等に分けることは現実にはできません。
ましてはその自宅に住んでいる親族がいれば売却することもできません。 


売却することが可能になっても様々な手続きに追われ先送りになってしまいます。
自宅を解体して更地にして売却するにしても、解体費用はどうするの?という展開になってしまいます。 

相続人同士で法定相続分を主張し続け、『とりあえず共有名義にしておこう。』となることも多くみられます。

それが問題の先送りということになります。

 

・・・どういうことでしょうか?

 

  

続きは次回に掲載させて頂きます。

お読み頂きまして、誠にありがとうございました。

author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:遺産相続の知識, 15:58
comments(0), trackbacks(0), - -
遺産分割協議書の落とし穴 2
こんばんは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

 

本日25日は、前回22日の続きをお話いたします。

 

 

 

遺産分割協議書は、そこに記載した遺産にしか効力が及ばないからです。

 

数字が1つ間違っていただけで、別の物と見なされるからです。

その主な理由は、

『○○の相続が発生し、その手続きにおいて問題が起きた場合、○○銀行には責任はありません』

という金融機関の同意書に判を相続人自らが押さなくてはなりません。

 

相続人同士の問題は金融機関の手に負えないため、小さい銀行ほど神経質に審査をされます。

 

それが原因です。

 

 

遺産分割協議書に記載を忘れてた・新たに出てきた遺産は、

再度の分割協議を経て、作り直す必要があります。

 

 

なぜ幸彦がそれだけなのに、そんなに腹を立てているのでしょうか。

 

遺産分割協議書は、1人では作れません

 

 

そうです。

遺産分割協議書には相続人の実印と印鑑証明書が欠かせないからです。

 

 

それに加えて、印鑑証明書には期限があります。

昼間に会社勤めの幸彦に、役所まで印鑑証明を取りに行く時間はありません。住民票も同様です。

 

 

それだけなのに、どうしても問題が起きてしまう。

 

なぜでしょうか?

 

 

前回7日の冒頭に記載させて頂いたように、相続とは生涯に1度〜数回しか体験しないからです。

 

ましては様々なルールがある遺産分割協議書を作ることは、

人生において数回あることでもないからです。

 

作成自体が非常に難しく、失敗して当たり前です。

 

 

 

では幸夫や幸彦のように何度も同じ事を繰り返さないために、

方法はあるのでしょうか?

 

 

 

最も有利に事を運び、こなせるやり方とは

 

 

『当遺産分割協議書に記載されていない遺産が見つかった場合は、

その全てを次男起田幸夫が相続する』

 

 

この文を遺産分割協議書の最後に、組み込めばその問題は解決できます。

 

それにより以降、どんな物が出てきても再度遺産分割協議を行う必要はなく、遺産分割協議書を作成する事もなくなります。

 

 

『なるほど!それでいいのか!早速記載しよう!』

 

 

と思うかもしれませんが、少し待って下さい。

 

それはそれで更に新たな問題が出てきます。

 

まず、最初から遺産分割協議書を作り直さなくてはいけないことです。

 

 

・・・それ以上に、大変な問題が起きます。

 

何か分かりますか??

 

 

『他に何か隠しているから、そう書くのか???』

 

と、他の相続人に言われ兼ねません。

 

 

信頼問題です。

 

このような時こそ、普段の行動や発言が重宝されます。

 

税務署の職員に関しても、同じように疑われてしまうこともあり得ます。

 

 

上記の文は大変便利で素晴らしい方法です。

しかし、相続人同士の仲などによれば付け加えない方が良い場合もありますので、その状況をよく読んでご検討下さいね。

 

 

次回は、28日に掲載させて頂きたいと思っております。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:-, 18:25
comments(0), trackbacks(0), - -
遺産分割協議書の落とし穴
JUGEMテーマ:相続

こんにちは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

 

相続とはある人にとって、人生で1度〜数回しかない大きな出来事です。

買い物をして家事をするようなことではなく、何から手を着けて良いかさえ分からないのが当たり前であり当然のことです。

皆様に忘れないでほしく、いや、忘れてはいけないことをお伝えします。

 

相続に関しては、知り合い・友人の経験談を鵜呑みにしてはいけません。

 

ご自身が抱えている・抱えつつある相続問題はあなた自身にしか当てはまらないのですから、相続を経験した方の発言を素直に参考にしてはいけません。

 

 

家庭環境、家族構成、相続人の性格・生活、生前の故人に対する思いやり・配慮、故人の所有していた財産の価格・種類・数(預金・土地・建物・株・有価証券・動産・貴金属・権利等・・・)は誰一人として同じ物を所有している人はいません。

 

だからこそ相続人にとっては、遺産分割方法・税金対策・権利行使等は誰一人と同じ場合はなく、『その度』しかないのです。

 

 

知人に『父がなくなり、〜だったから〜をしたから、〜をしたらいいよ』と言われても、

信じてはいけません。

 

 

さて本日は、相続トラブルに関するお話をさせて頂きます。

 

 

 

『エッ?また??』

 

幸夫の話に幸彦はしびれを切らした。

 

母の相続が発生し6ヶ月。

相続人は幸彦・幸夫・幸恵の3人。

 

 

『・・・2ヶ月前もだぞ?この前は自動車。今度は何?

仕事は忙しいし上司になんて言えばいいんだよ。』

 

『本当にごめん!お母さんの定期預金が見つかったんだよ。』

 

 

この会話は遺産分割協議に基づき、作成した遺産分割協議書。

全てが終わったと思ったときに、行われる会話です。

 

 

『通帳は全て調べたのに、母さんの戸棚を整理していたら書類を見つけて、○○銀行に問い合わせた。』

 

『そうかよ。で、また持って行かないといけないのか?』

 

 

実印と印鑑証明。それだけのために時間を割かなくてはいけない幸彦は腹を立てていた。

 

 

被相続人(故人)が亡くなると、その瞬間からその方が有していた財産は相続人全員の共有となります。

相続人の内一人が勝手に動かすことは出来なくなります。

 

具体的に言いますと、金融機関・法務局・陸運局・保険会社などで単独で預金の引出しや名義変更はできません。

厳格な手続きをこなす必要があるからです。

 

その手続きにおいて最前提として必要になるのは相続人全員の合意です。

 

 

その合意があれば、全員の戸籍謄本・住民票・その他の書類を添えて手続きを行うことができます。

相続人一人が『代表』という形でも行えます。(原則)

 

その合意に変わるものが『遺産分割協議書』です。

 

その遺産分割協議書を作成したにも関わらず、

なぜこのような会話があちらこちらでされるのでしょうか?

 

 

 

本日はここまでとしたいと思います。

次回25日は、なぜ繰り返すのか・その対処法と併せて掲載させて頂きます。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:遺産相続の知識, 17:33
comments(0), trackbacks(0), - -
本末転倒の事例
JUGEMテーマ:相続



こんばんは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

 

数日間台風のニュースで忙しいですね。

土砂崩れや道路の浸水被害が相次いでいますので、

外出の際はくれぐれも巻き込まれないように、用心してくださいね。

 

これ以上の被害を拡げる前に、日本列島を通過してもらいたいですね。

 

 

 

本日19日は、凝りに凝って本来の目的を実現できなかった方のお話をさせて頂きます。

 

 

 

この例は本当に希にしか相談がありませんので、発言の内容を少し変えさせて頂きます。

 

 

 

ある相談がありました。

 

『父の遺言が出てきたのですが・・・』

 

また遺言に関する形式の話か相続人・相続分の話かと思っていたのですが、

 

今回は違いました。

 

『株券や社債、その他の債券を確かに父は保有していたのですが・・・。遺言には一切書かれていなく、捜しても捜しても出てきません。その他にもあるかもしれません。』

 

 

詳しくお話を聞いたところ、その方のお父様は70歳前になって急に何かに目覚めたように相続対策を始めたそうです。

遺言・死後の要望・財産の分配方法・相続税対策。

 

相続人のことを思ったのか、税に関する対策はできる限りをやり、隠せる財産は隠せるだけ隠しました

 

遺言には代々行われてきた族習慣や、財産の分配に関してはゴルフパッド・オーディオ機器まで、その他の細かい指定。

 

付言事項(http://solid-chain.com/glossary/06.html#glossary06-03a)には自分の今の心情まで細かに書かれていました。

 

 

しかし相続税の対策のためであれ、何があるのかさえ本人にしか分からない状況

 

 

以前に何かで耳にした覚えがあります。

 

男性はプラモデルを組み立てるのが好きで、女性は完成したプラモデルが好きだと。確かに一理あります。

ここで当てはめても分かります。

 

自分の『相続問題』を最小限に抑えるため、『相続対策』という作品を作ることに目覚めたのでしょうか。

 

 

しかし、見つけられなければその財産は無価値になってしまいます。

 

見つけるために、探偵や税務署の職員に見つけてもらうのもおかしな話ですよね。

 

 

過去には床下・天井裏、中には埋めてまで隠した方もいます。

 

『相続対策』のはずが、相続人に迷惑が掛かったり、不信感を生んでしまう事もあります。

 

 

生前に長期に渡り贈与をしたり、誰もが分かりやすい遺言を書く。

 

 

 

今回の事例のような本末転倒な結果を出さないために、

しっかりとした『相続対策』を行って下さいね。

 

 

 

次回は、22日に掲載をさせて頂きます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:遺産相続トラブル, 20:14
comments(0), trackbacks(0), - -
現実の感情と法律の導きは違う 2
 JUGEMテーマ:相続



こんにちは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

前回13日、お読み頂きありがとうございます。

 

本日は続きをお話させて頂きます。

 

 

70歳近い父が、近く女性と同居をするかもしれないとの話を聞いた嬉朗。

父を思う安心の中で、それ以上の不安を抱えていた。

 

 

その女性はどのような人なのか。父と上手く生活できるか。何か目的があるのか。父の歳では子供は産めないが、その女性には子供がいるのか。もし子がいれば新しい兄弟?養子縁組?

 

 

いくら考えても真相は聞いていないので、分からない。

 

今はっきりしているのは、

内縁ではなく籍を入れたらどうなるか。

 

 

今までの生活・思い出など語り尽くせない家族。

しかし法律上は、冷たい

 

 

13日にお話をさせて頂きましたが相続が開始すると、

 

何十年一緒に生活した夫婦も、数日しか生活していない夫婦でも

同じように扱われます

 

 

 

後日、父・嬉子・嬉朗は母が亡くなって以来、久しぶりの家族で話し合った。

 

話をまとめると、

 

・入籍をするかはまだ決まってない。相手の女性は入籍に関して何も触れてこない。

・その女性に子供はいない。

・財産の処分は自分の思うようにしたいと思っている。しかし代々継がれてきた家のことは気になっている。

 

 

 

平均寿命が延びている現代の日本。その速度は著しい。

 

 

だからこそ、このような問題が起こります。

優しく父を見守りたいが、それができなくなってしまう嬉子と嬉朗。

 

 

 

皆様はこのような問題が起きた場合は、どう対処しますか?

 

 

参考までに、是非お読み下さい。

 

・父の相続が起きた時のために、

家・子供(嬉子・嬉朗)・女性(婚姻した場合)の今後の生活、それらを均等に考え、遺言を書く。

(子供に相続をさせる旨。しかし妻の遺留分を侵害しない程度に)

 

 

・入籍をせず、内縁状態。(たくさんの不安要素が残ります)

 

 

・妻と嬉子・嬉朗が養子縁組をする。(母の相続時に、相続可能)

 

 

 

相続問題は家庭環境・時代背景など様々なことが重なり、問題が表面化してきます。

これ、といった答えなどないのです。

 

 

あなたは今回のこのケースで、どう思われましたか?

 

残された人達に安心してもらう為に、あなたならどうしますか?

 

 

 

お読み頂き、ありがとうございます。

 

あなたがもし同じような状況であれば、是非お気軽にご相談ください。

 

 

次回も、『相続トラブル事例』を19日に掲載させて頂きます。

 

ありがとうございました。

 

author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:遺産相続トラブル, 10:11
comments(0), trackbacks(0), - -