スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
後回しにできない最も重要なこと
JUGEMテーマ:相続


こんにちは。

 

ソリッドチェイン法務事務所の遺言コンサルタント、行政書士の高橋です。

 

今回は、定期的に配信させていただいている内容です。

とても大事なことですので、是非お読み下さい。

 

 

『遺産分割協議・・・。』

 

気が進まないことは分かっております。

 

しかし、後々に酷い思いをするか、ここで一旦終わらすか。

 

一番分かりやすいので、ソリッドチェイン法務事務所HPhttp://solid-chain.com/)から抜粋させて頂きます。

 

 

約100万人・17万件・4%・5000万円超・5000万円以下・35%〜45%

 

上記の意味深な数字は何でしょうか。 
まず、約100万人1年間に亡くなる人の数です。
そこで相続が起きて家庭裁判所に相談される相続問題に関する件数が、2010年では17万件(全体の17%)です。 
家庭裁判所に持ち込むということは、よほど重大なこと・あまりに話がまとまらなさ過ぎるからです。


そう考えてみますと、問題は起きているが裁判所に持ち込まないが問題は起きてしまっている、そのケースも合わせれば全体の35%〜45%だと私は考えております。

 


なぜ相続問題になると、ここまで問題が出てきてしまうのでしょうか? 


理由は様々でたくさんあります。

 

 

その中で主なのが、遺産は自宅不動産だけのケースです。 
自宅だけでも数百万〜数千万の値段になります。日常でそのような大きなお金が動くことはまず、ありません。だからこそ少しでも自分のものにしたいと考えてしまいます。 

 

自宅を兄弟姉妹で平等に分けることは現実にはできません。
ましてはその自宅に住んでいる親族がいれば売却することもできません。 


売却することが可能になっても様々な手続きに追われ先送りになってしまいます。
自宅を解体して更地にして売却するにしても、解体費用はどうするの?という展開になってしまいます。 

相続人同士で法定相続分を主張し続け、『とりあえず共有名義にしておこう。』となることも多くみられます。

それが問題の先送りということになります。

 

・・・どういうことでしょうか?

 

  

続きは次回に掲載させて頂きます。

お読み頂きまして、誠にありがとうございました。

author:遺産相続・遺産整理でお困りならソリッドチェイン法務事務所, category:遺産相続の知識, 15:58
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:58
-, -, - -
コメント









トラックバック
url: http://solidchain.jugem.jp/trackback/98